コンテンツへスキップ

会社概要

About GVS

GVSグループは、ヘルスケア、ライフサイエンス、自動車、家電製品、セーフティマスク、商業および産業用濾過材の各分野で使用されるフィルターとコンポーネントの世界的なリーディングカンパニーです。

GVSグループは、国際化という明確な戦略を通じ、イタリア、英国、ブラジル、米国、中国、ルーマニアで12の製造工場を設立し、またロシア、トルコ、アルゼンチン、日本、韓国に事業所を開設しています。

GVSは、現在世界全体で2,700人余りの従業員を擁しています。GVSは40年間、製品群と製造プロセスの革新に注力しており、顧客に最高のサービスとサポートをお届けできるよう、絶えず開発能力の向上に努めています。

幅広い標準的製品

GVSは全ての分野において幅広い標準的フィルターとコンポーネントを製造し、これらの標準的製品は、新製品を開発する、または既存のプロセスを改良するという多大な投資の必要性をなくすことで、顧客を支援しています。

全てのGVS製品は、非常に高度な技術あるいは重大な用途であっても、必要な最高品質の基準を満たしています。

このレベルで取り組むことで、製造される全ての製品に高い品質を保証します。

オーダーメイドのデザイン

GVSは高度な技術によって柔軟かつダイナミックな構造を開発してきました。

製品開発またはプロセスの開発だけが必要な顧客にも、完全なサービスを提供します。これは製品とプロセスデザイン、バリデーション、大量生産までを含むプロジェクトの全段階を網羅します。

グローバル開発

GVSグループが設立されて以来、GVSグループは世界市場への拡大に向けた強い動きを見せています。

GVSコーポレート本社および子会社を通じて、GVSは、より効果的かつ効率的な技術サポートを提供するとともに、お客様サービスを提供するために、お客様をサポートする商業用および製造用ネットワークを構築しています。

会社沿革

GVSは1979年に設立され、設立当初は医療用血液フィルターの生産に注力しました。
後に広範な有標製品の生産に乗り出し、急速に大きな成功を収め、世界中で認識されていきました。
GVSはグラツィア・ヴァレンティニが、イタリア最初の射出成型金型デザイナーの1人である父レナートの支援を受けて設立しました。
この間に、水平加力における自動共成型の最初の革新的技術を開発し、これが現在の会社の技術の礎となる基盤となりました。
自動車部門(ABSブレーキシステム)、医療部門(血液ろ過)、ライフサイエンス(診断およびバイオテクノロジー)、安全性およびバイオハザード(呼吸器および抗ウイルス防御)、分子ろ過(化学防御)などの最大限の安全性が求められる重要な部門で行われた研究が、GVSの絶え間ない革新と改善への意向を促しました。
GVSは、デザインおよび使用材料における素晴らしい品質の伝統と高い技術革新を持ち合わせたグループと考えられ、その国際的成功への鍵となるのがこれらの特徴です。
設立以来、GVSは常に人材に投資し、会社にもたらされた技術、エネルギー、熱意の利益を受けてきました。グループの成功を後押しするものは、会社の人材です。
GVSはこれを認識し、創造性を奨励すると同時に、継続した発展と革新を保証する専門的技術を育成しています。

1979年

グラツィア・ヴァレンティニが医療用フィルター製造会社GVS Srlとして、GVSを設立。

1983年

自動車部門を設置、2番目の製造工場を開設。

1997年

QS 9000とAVSQ'94認証を取得。

2000年

グループの新本社をボローニャに開設。

Subheading

2005年

米国のGVS Filter Technology Inc.、新しい製造工場に移転。
ISO/TS 16949:2002認証を取得、また医療部門のISO13485認証を取得。
GVSの株主がB Group資本から株を買戻し。

Subheading

2009年

GVSイタリア本社、UNI EN ISO 14001:2004認証を取得。
スペイン:GEMA Medical, Laboratory Filtrationを取得。
英国のFenchurch Environmental Groupを取得。

Subheading

2012年

中国、蘇州の工場の再編を完了。世界クラスの製造拠点に。
プエルトリコ:NP MedicalのIVEXおよびNutrivexフィルター製品部門を取得。
日本:GVSジャパンの開設と日本ナイプロ社の買収。
英国:UK Fenchurch Groupの取得を完了。
GVSはMaine Manufacturingの大多数の株を取得し、GE OsmonicsおよびGE Healthcare Lifesciencesのフィルターおよび膜ビジネスの取得を加速。
英国:HEPAフィルター製造のRemploy Ltd.(C&Iフィルター部門)を100%取得。

2013年

米国:Osmonics、GE Healthcareの製造ラインを吸収。
GVS SpA:私募債引受人向けの初の社債発行。

2014年

GVS Korea & GVS Russiaの開設完了。
米国:Maine Manufacturingを完全に取得。

2015年

マンダリン・キャピタル・パートナーズの買戻し完了。
イタリアの製造拠点を3000平米拡張。
ルーマニアに8,000平米の製造工場を新設。
英国の製造拠点を再編。
グループの新規のサプライチェーンシステムを導入。
セーフティマスク部門、ブラジルの使い捨てマスクメーカーを完全取得。
GVSはスウェーデンの使い捨てマスクメーカーSEGRE ABを完全取得。

当社の強み

ビジネスの心臓にあたる技術
研究開発および先端的な管理システムにおける先駆的な戦略的選択と多大な投資のおかげで、GVSはその歴史の中で相当な成功を収め、多数の国際的な賞を受賞してきました。

常に開発を約束
顧客に広範なサービスと高品質で信頼できる製品を提供するため、GVSは最新の装置、システム、技術に投資してきました。これらの技術は研究および技術開発のプログラムを支援し、新しい革新的製品のデザインに役立ちます。各製造工場は世界的にこれらの革新を共有し、グループが技術の最前線で発展し続けることを支援しています。顧客製品の開発は、最初の構想から工業生産までGVSデザインチームが工程ごとに追跡します。有標製品は社内で開発され、国際市場における既存の製品と比較して先端的技術革新を特徴としています。可能であれば、デザインチームは社内で製造されたGVS膜およびフィルター媒体を使用し、製品が考えられる最適な基準まで確実に機能するようにします。このデザインプロセスにより、GVS製品範囲内のよりユニークなデザインの特徴に対して、多数の特許が提出、承認されました。

品質と環境

品質の伝統
GVSグループは、1995年以来、国際基準であるISO 9001に従って運営してきました。
2年後にGVSはQS9000を取得しました。
QS9000基準による認証後、さらに8年で自動車部門が新しいISO/TS 16949認証を取得しました。
これは、自動車分野の新しい世界基準です。
医療部門は、その医療装置の一部でISO 13485認証および欧州指令93/42/EECに準拠したCEマークの承認を取得しました。
GVS工場の大部分が環境マネジメントシステム(EMS)のUNI EN ISO 14001認証を取得しています。
他の部門は全て、引き続きISO 9001およびその個別の市場に必要なその他の認証に従って運営されています。
GVS-「質志向」のグループ
GVSの品質手順は、GVSグループで働く全ての社員に共通の基盤です。
GVSは常にその構造および組織プロセスを革新、改善し、システムを開発およびモニターし、内外の顧客に対し、高レベルの品質と卓越性を保証します。

不具合のない製造
顧客の期待を満足させることとスタッフのトレーニングはGVSの主な目標です。
品質の原則と絶え間ない改善を適用することで、当社は高度なデザイン技術、誤り防止法、管理システムを利用しています。
これらのシステムは世界中の製造プロセスで使用され、規格に従わない製品の割合を低下させ、100%不具合のない製造という当社の目標到達に役立っています。

社会的責務

会社がその土地と人々に対して地域社会で担っている役割と機能を絶えず認識することで、GVS S.p.A.は常にその社会的責務を最優先とし、強い責任感を持ってきました。この責務は、当社の業務の根底を成し、同じ価値および原則から感化した同じ精神が原動力となっています。

この目的を達成するために、GVS S.p.A.は、困っている人の援助や研究の支援に取り組むさまざまな団体および組織、特に地域の慈善団体、非営利団体を支援します。GVS S.p.A.の支援を受けている団体の1つがFondazione Il Bene – Onlusです。この団体は、まれな神経疾患および神経免疫疾患について、特に新しい診断法および治療法に焦点を当てた研究を促進することに邁進しているNGOです。

研究に全力を傾け、GVS S.p.A.の支援を受けている別のNGOがFondazione per la Ricerca sulla Fibrosi Cistica – Onlusです。
さらに、GVSは、子供の安全、保護、成長の保証に向けて努力しているセーブ・ザ・チルドレンの強力なサポーターでもあります。
地域レベルでは、バルサモッジャのグリーンクロスおよび地域の消防隊を支援し、NGO Gruppo Volontario di Soccorso Valle Lavino – Onlusの新しい本社の建設に資金を出すお手伝いをしています。

当社の社会的責務は年月を重ねるにつれて大きくなっており、グループの個性の欠くことのできない部分となっています。近年、クリスマスプレゼントに代えて、GVS S.p.A.は無料で癌患者の専門在宅ケアと予防を提供するイタリア最大の非営利団体であるAssociazione Nazionale Tumori(ANT)に寄付を行っています。

投資家向け広報活動

  • 7 研究および開発研究所
  • 12 クリーンルームクラス100,000
  • 1 クリーンルームクラス10,000
  • 200 射出成型機FRO 50~450トン
  • 3 膜製造施設、米国2か所、欧州1か所
  • 2 表面処理ラボ
  • 3 社内ツールショップ
  • 13 計量事務所

多様な市場部門で安定した発展
GVSグループは、過去40年にわたり、その経済および生産上の数字は一貫して大きな向上を経験してきました。
今日、そのビジネスは6つの製品グループと部門を擁し、広範な異なる市場部門を網羅しています。
2018年、グループの売上高は2億300万ユーロに達し、16億品目以上を生産し、グループ独自の商業ネットワークにより60か国に販売しました。

世界的生産と流通
既存のビジネスモデルを拡大または縮小し、新しい市場に生かすことで国際的に開発するというGVSグループの明快な戦略により、12の生産施設が開設されました。これらの生産施設は、イタリア、英国、米国、ブラジル、中国、ルーマニアにあり、事業所がロシア、トルコ、アルゼンチン、日本、韓国にあります。本社と3つの製造施設がイタリアを拠点とし、売上高の6%を生産しています。売上高の残りの94%は主要国際市場である欧州、南北アメリカ、アジアからです。

会社情報

会社名 GVSジャパン株式会社
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-10-12 KKDビル4F
代表者 代表取締役 森田 洋一
お問い合わせ https://gvsjapan.co.jp/pages/contact
``